So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾カメラ事情

IMG_0531.jpg


台湾のもうひとつの自分へのお土産に、Canonスピードライト580EXⅡを買ってきました。

いままで、550EXと、ロートルを使っていたので‥。

台湾にも、カメラ街があって、台北駅にほど近い博愛路には、
様々なカメラメーカーの看板を掲げるお店がズラーと並んでおります。

現地の日本人コーディネーター曰く、日本からの輸入品なので、
信頼できるものが揃っている、とのこと。

ならば、以前韓国で買いそびれた、580EXⅡを買っときましょう!
と、ひとり、重い機材をズリズリひきずりながら、行ってまいりました。

仕事のついでもあったのだけど、機材と一緒だと、ほんと〜にしんどい。
何件も回りながら、だんだん高いか安いかも分からなくなり、
片言の英語しか話さない、店員とのやりとりで、すっかり疲れてしまいましたー。

そして、回っているうちに解ったこと。
まず、同じ品物でも、保証書がついているかどうかで、値段がかなり変わってくること。
日本で新品を買う時のことを考えれば、信じられない話なのですが、台湾には、保証書ありと
保証書のないものがあります。店員曰く、どちらも同じ品物だと。

そして、現金とクレジットカード払いでも、値段が変わってきます。
もちろん、現金のほうが安いに決まってますが、
なかなか旅行者はそんなに現金を持ち歩きませんよね。

だから、台湾でのカメラ機材の購入を考える際には、現金の用意と、保証書の有無を確かめる事!

そうして、信頼のおけそうなお店で、しっかり動作テストと国際保証書のシリアルナンバーと本体の
それが一致しているかどうかを確かめて、念願の580EXⅡを買ってまいりました。

気になるお値段は、¥43250。
う〜ん、じつは、案外高いんですよね。

日本の価格.comなんか、まだ安く売っていたりして。

でも、ま、旅の思い出として。
プロ登録も問題なく出来た事だし‥。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。